昭和町で側弯症を改善する方法

こんにちは

昭和町の健康塾です。

今日は側弯症のお話をします。

 

肩がこってつらい人って多いですね

肩こりの人の多くには姿勢が

悪い人が多く見受けられます。

 

確かに姿勢の悪い人との

特徴として横から見た時に

首が前に飛び出ている人を

多く見かけます。

 

首は頭と胴体をつないでいる場所ですが

実はこの頭のというのが結構重さがあります。

 

体重の約10%が頭の重さと言われています。

 

50kgの人で約5キロです。

 

これはボーリングのボールの

重さにも匹敵まします。

 

その重さも良い姿勢の時で

少し首が前に傾くだけで

数倍になるといいます。

 

つまり姿勢が悪くなると

首の後ろから肩にかけて

20kg以上の負担がかかるということです。

 

その歪みは前後ですが

さらに背中が左右に歪むと

もっと複雑なこりをします。

 

私たちの背骨は横から見た時

ゆるいSの字のカーブを描いています。

正面から見た時はまっすぐな状態が普通です。

 

正面から見た時に「くの字」に曲がっている状態が

『側弯症』です。

 

前から見るとわかりにくいのですが

後ろから見て背中を触った時に

肩甲骨辺りで右の方カーブしている

側弯症症が90%です。

 

程度にもよりますが

その辺り(肩甲骨)が後ろに

「もこっと」盛り上がっています。

 

側弯症がきつくなると

肩こりから背部痛腰痛まで

引き起こすことがあります。

 

進行度が進むと手術を

しなければいけないこともあります。

 

中程度までのものであれば

整体や自宅のケアで改善が施可能なものもあります。

 

肩こりや背中痛がなかなか改善しない人

背骨の歪みに注目してみませんか?

 

痛みと歪みの徹底改善
健康塾真愈整体院